親のこれから

中学受験のその後も親としてしっかりと子供を支えないといけないので、中学受験が終わっても油断をしないようにしましょう。基本的にこれからも子供と一緒に進んでいかないといけません。

中学受験後には高校受験があります。中学受験を終えてすぐにこのようなことを考えるのは辛いかもしれませんが、それでも少なくとも2年と少し後には考えないといけません。ですから、中学受験をクリアしてからもしっかりと考えて子供のことをサポートするようにしましょう。ただし、中学受験と同じようにサポートしないといけないわけではありません。高校受験の場合はある程度子供に任せても問題ないでしょう。親の面接もないので中学受験よりは気楽かもしれません。しかし、子供が求める高校によってはお金が結構かかることがありますし、子供が望む道でお金がかかることがあります。ですから、サポートできるようにしましょう。

中学生になったら子供は親のいうことを聞かないことがあります。ですから、ある程度は放任でも良いです。ただし、子供が助けてほしいと思う時にサポートできるようにしましょう。これが中学受験とは異なる点ですので親としてよく考えて子供を導くようにしてください。