進路の方向転換

中学受験後にそのまま今まで目指していたところに進むとは限りません。子供によっては方向転換することもありますので注意しましょう。

中学受験で子供が臨む進路に良い中学校を選んだとしても、子供によっては他の興味が行って、それに臨むことがあります。それによっては、中学受験をした意味が無いという場合もありますので注意しましょう。どうしても進めたい道というのが親によってはあるかもしれませんが、子供が選ぶ道の方も考えてみてください。さすがに辞めた方が良い道というのもありますが、それでも子供と一生懸命話すのが良いので、中学受験後もしっかりと子供のサポートをするようにしてください。場合によってはそれで喧嘩をすることもありますが、子供のことを考えてサポートをすること忘れないようにしましょう。ちなみに、ある程度は放置をしたほうが良いです。

中学受験が必ずしもそのまま人生の軸になるとは限りません。子供がやりたいことを出来るだけサポートできるようにするのが親なので子供をさせるようにしましょう。ただし、支えるというは子供の好き勝手にすることではないので間違えないようにしましょう。ダメなことはしっかりと教えるようにしてください。