中学受験のその後

中学受験をするならその後のことを考えるようにしてください。中学受験がゴールではなくその後も続いていきますので、中学受験だけを考えているとあとで大変なことになります。

中学受験を合格して中学校に入ることができた場合でも、そうでなくてもその後があります。そして、その後には高校、大学あるいは専門学校、就職があります。ですから、中学受験のその後も考えて中学受験をするようにしてください。中学受験に「この学校に来た理由」などを聞かれることがありますので、それの予習ということで考えておくのが良いです。明確な子供の目標があることでその道に進むことができるので、子供に選ばせるようにしましょう。ただし、まだ小学校の子供ですから今後のことを考えるのは難しいかもしれませんので、暫定的な考えで良いです。ともかくその後があることを考えて中学受験をしてください。

親の場合中学受験後もお金の事を考えないといけません。特に高校、大学と言った学校に行くとなるとお金がかかりますので、それの対応をするようにしましょう。さすがに就職まで親が出張る必要はありませんが、何かしらの考えがあるなら考えておいた方が良いです。少なくとも子供が社会に出られるように支援をしていかないといけません。