勉強が全てではない

中学受験は勉強をしないといけないというのはそうなのですが、中学受験は何も勉強だけを見るものではないので間違えないようにしましょう。これを間違えるとたとえ中学受験を合格しても良くない人間になります。

基本的に中学受験は、どのような子供あり、どのような目標を持ち、どれくらいの勉強意欲があるかを調べるのが目的です。もちろん、その他のことも知りたい学校がありますが基本的にはこれらが大事でしょう。そして、この中でどのような子供であるかが結構重要になります。そのどのような子供と言うのは他との共存をしっかりと出来るかなどの人間性を見られます。故に、勉強ばかりをして人間性を無くしてしまうとよくありません。確かに勉強ができれば受験自体は合格しやすいかもしれません。しかし、人間性の喪失はいろいろと問題がありますので、そのようなことにならないためにも勉強だけでなく他のことをしっかりと教えるようにしましょう。特に最近ではそれができる子供を選ぶところが結構多くあります。

人間性が無いということは、他者のことを考えない人です。そのような人は社会で生活をする時に他者に迷惑を出したり、協調性がなくなり非常に良くない行動をしたりすることがありますので、ある程度の人間性が無いといけません。それを勉強で獲得するのは非常に難しいでしょう。