進学先をみせる

中学受験をする時に、進学先を子供に見せてみるのも良いです。自分がどのようなところに中学受験をするのかを見ることで、目標として中学受験の勉強をすることができるようになりますので、見せることは良いことです。ただし、見せることで必ずしも意欲が出るとは限りません。親が良いと思っている中学校が必ずしも子供も興味が出てくるとは限りませんので注意です。場合によっては興味を無くすという場合もあります。

中学受験先を見せるにあたり、子供が興味を持つようなものがあると勉強意欲が出てくることがありますので、そのようなものがあるかを確認して見るのも良いです。例えば、部活動やイベントなどで興味があるようなものが無いかを確認してみると良いです。とにかく見せる時に何かしらの興味が持てるものを用意しましょう。

どうしても興味をひかせるものがない場合は、無理に用意する必要はないです。ただし、中学受験をする意欲を削るようなことがないかを確認するようにしましょう。例えば、子供にとって良くないことがその中学校にある場合はそれで意欲を削る場合があります。ただし、それによってはわりと話し合いなどで解決出来る場合もありますので、見た後に感想などを聞いておくのが良いです。

実際に目標とするところを見せることで中学受験に向かうモチベーションを付けることができるのでやってみましょう。